事業内容

大きく分けて、下記の2つがあります。

ご相談の上、依頼書の記載と必要書類(謄本、固定資産税評価証明書等)をご提示いただきます。現地調査、役所調査等を経て、鑑定評価書等の作成に入ります。申込みから納品までで約2週間くらいです。

1)鑑定評価書

不動産鑑定士として、本来、職務として作成すべき書類です。

まず、不動産の基本的な事項(たとえば所在、用途、形状、境界等)を確認します。次に不動産の価格に影響を及ぼす諸要因を分析し、これらを基に鑑定評価の三手法(不動産価格を導き出す手法で、主に3つあります)を適用し、地域の標準的な不動産の価格や個々の不動産の価格を査定いたします。

但し、このような流れは機械的になされるものではありません。どうしても不動産鑑定士としての判断が入ってこざるを得ないわけです(不動産はその特性のゆえにどうしても機械的な処理になじまないものがあります)。そこで不動産鑑定評価書の後半部分で、どのような知見と判断で、その不動産の価格に至ったかを明示することになります。

ですから、不動産鑑定評価書を取得する意義は主に二つあります。

  1. 不動産価格に作用している諸要因の詳細な分析
  2. その不動産やその不動産の価格に対する不動産鑑定士の知見や判断の詳細な明示

役所や裁判所等に提出する際には、不動産鑑定評価書が要求されることが多いかと思います。

2)不動産調査報告書

不動産鑑定評価書に比較すると簡易ですが、ガイドラインに従って価格水準や価格に作用する事象等明示致します。

サイト上でよくある機械的な評価とは当然のことですが、全く異なります。

一般に、単に現在の不動産の価格が知りたいという場合にはこちらを利用されるといいでしょう。

報酬

報酬は個々の案件により、幾分前後しますが、概ね下記の通りです。

  1. 300,000円
  2. 80,000円

賃料、地代等の評価も行っています。

ご相談は、03-6459-7025までお願い致します。